カテゴリ:ヒトリゴト( 165 )

インド旅行記-03

インド2日目。

■CHANDIGARH■

c0041992_23111833.jpg

電車に乗り込んで間もなく、飛行機に乗ったかのようにドリンクが出てきました。

おもちゃのような色合いが、とても鮮やかで、なんだか可愛い。



今回のインド旅行では、これでもか!というくらい移動しました。

時間にして、平気で5時間とか、電車やバスに乗ってました。

言葉も分からないし、目立ったアナウンスもないので、気を抜くと乗り過ごしてしまいそうです。

ガイドさんいてよかった~。




ニューデリーから電車で移動すること、約4時間。

チャンディーガルに到着しました。

c0041992_23173239.jpg

これ。見たことあるでしょ?? インドっぽ~い、と素直な感想です。


チャンディーガルは、ニューデリーとはまた違った雰囲気で、

とてもきれいに整理された町、といった印象です。



お昼御飯を済ませて、さっそく1つ目のコルビジェ建築。

c0041992_23242683.jpg

高等裁判所です。

入口には銃をそばに置いた軍人さん?がいて、ちょっと怖い。ビビった。

いざ建物に入ると、まぁ~、素晴らしい。
c0041992_23324492.jpg

c0041992_23334654.jpg

力強く生き生きとしていて、それでいて、どこかしら繊細な、絶妙なバランス。

明と暗、直と曲。相反するものが主張しつつ、高め合い、成立していた。

原色に塗られた壁や、いびつな円形で切り取られた壁、そこに差し込む光やそこから見える

建築の向こう側と景色、もっと向こうに見えるコルビジェの建築。

全てが計算されていて、でも、偶然かのようにある「空間」は、本当に美しい。

そしてまた、コンクリートの技術もスゴイ!

細かく見れば、ジャンカあったり、欠陥がみえるけど、そんな細かいことなんて、大した問題ではなくて、

建築の素晴らしさは、もっと他にあるじゃないか! って思ってしまう。そんな、圧倒的迫力と空間の力強さ。
c0041992_23492557.jpg

c0041992_2349367.jpg

インド・コルビジェ建築1つ目なのに、これでもか!ってくらい興奮して、時間が押したのは言うまでもない・・・



10年ほど前、初めてフランスでコルビジェ建築を見て、あの時も感動して、大ファンになったっけ。

あれ以来の見学だったけど、やっぱりやっぱり、大好きな建築家です。


で。
c0041992_23555599.jpg

これこれ!!  

「開かれた手」


 「開かれた手」はパリでいつの間にか生まれた。いや、正しくはこうだ。
  人々を引き裂き、しばしば敵を作ってしまう苦痛や苦悶、対立の感情から引き起こされた
  さまざまなイメージや精神的な葛藤の結果だ。

と、コルビジェは語っているようです。



でね、これ、実は・・・ 風で回るんだよーーー!

知ってた?? 何枚か写真を撮って、見るたびに手の角度が変わっていて、撮る人によって違うのかと思ったの。

でー、しばらく、じーーーっと見てた。ら、動いてる・・・

これにもまたビックリしました。


c0041992_013917.jpg

裁判所の車もまた、可愛らしい。映画に出てきちゃいそうです。


こちらはお昼ご飯。
c0041992_035096.jpg

サフランライスと、もちろんカレー!!(笑)

でもね、インドの食事はとーーーっても美味しい。

カレーも、だいたいどこに行っても、豆カレーとかチキンカレー、ホウレンソウカレーが出てくるけど、

どれも本当に美味しい。

旅行中、ほとんどがカレーだったけど、全然飽きなかったなー。

インド料理だけでもいいから、また食べに行きたい!



今日はここまで。

次回は、続・チャンデイーガル。【議事堂・合同庁舎】あたりを書きたいと思います。

(まだ2日目・・・先は長いですぞ。)
[PR]
by mikarc | 2011-10-21 23:54 | ヒトリゴト

インド旅行記-02

約1年前にアップしたきり、途絶えていたインド旅行記を復活しようと思います。

ちょうど一年前の今頃、インドに出発する準備をしながら、ワクワクしていました。

旅行直後とはまた違った言葉になるかもしれないけど、思い出しながら書きたいと思います。



インド2日目。

2日目は、コルビジェ建築を見に、チャンディガールへ向かいました。

ニューデリー駅から電車に乗って向かうんだけど、もぅ~、駅から衝撃的でした。

と、その前に。駅に向かうバスの中から驚きの連続でした。

道には車やバイクが溢れ、クラクション鳴りまくり!!

ププッ!プァ~~!! ブーブー!!!  う、うるさい・・・

ガイドさんによれば、インドの交通事情は、クラクションは鳴らして当たり前!!らしい。

日本では、考えられない。

こんなに鳴らしたら、鳴らした方が怒られそうだよ~。

で、ニューデリー駅。
c0041992_21122790.jpg

c0041992_21123978.jpg

最初、インド人を見た時は、まっすぐで、鋭くも感じる目つきが、とても印象的で、正直ちょっと怖かったです。

ホームにたどり着くまでに、仲間を見失いそうなくらいの人、人、人。

はぐれちゃったらどうしようかと、前の人から目を離さないように、必死に必死に歩きました。


ホームに着くと、荷物の山。
c0041992_21185517.jpg

電車が来そうなのに、インド人は平気で線路を歩いている。

ホームからホームへ歩いて渡ってくる人もいれば、何をしているのか、じっと座っている人もいる。

お金が欲しいと、近寄ってくる子供。

ここで、果物やパンをあげようとした私たちに、ガイドさんは教えてくれました。

「この子たちに食べ物を渡してはいけません。
 この子たちに食べ物を渡したら、簡単に食べ物を手にすることで、この子たちは何もしなくなってしまうのです。
 まず、最初に食事をする人々がいて、残ったものを食べる人々がいて、そうしてみんな暮らしていきます。
 みなさんが親切ですることも、彼らの仕事を奪う事にもなりかねないので、何もしないでください。
 何かあげようと思う気持ちがあれば、私が集めてから渡します。」

こんな内容だったと思います。

実際、かわいそう、とか思ったのは私の正直な気持ちです。

ただ、こういう生活のあり方というか、インド人のルールには驚き、今の自分の生活では考えられないこと

だったので、これにもまた衝撃を受けました。



電車を待っていると、向こうから何か来た!?
c0041992_21222083.jpg

馬?? 何? 牛?

どうやら駅に荷物を運んできたらしい。って、動物まで駅に入ってくるの~??

この後ろについてきたロバ。めちゃくちゃ可愛くて、すんごい近づいて写真を撮りました。

この旅行写真の中でも、とっておきの一枚です☆
c0041992_2125017.jpg

可愛いっ!! このつぶらな瞳がたまらないっっ。



この後、電車は1時間ほどあとに到着しました。

インドの電車は時間通りに来ることはほとんどないらしい・・・

でも、駅まででこれだけ刺激的なんだから、一体どんな旅になるのか、とてもワクワクしました。



今日は、ニューデリー駅で終了。続きはまた今度。
(チャンディーガールは、次、お伝えできるかな・・・)
[PR]
by mikarc | 2011-10-18 21:29 | ヒトリゴト

さて。ここからが本題。

5月から途絶えていた更新。
ここ半年分の近況報告です。


まず。
ここ半年で一番大きかったこと。



2011・7・2(SAT)

息子を出産しました。

産声のない、静かな出産でした。

妊娠7カ月に入った頃でしたが、お腹の中で亡くなっていました。

最初は何が起こったのか、まったく理解できず、声も、涙も、何の感情もなかった。

原因は分かりません。先生に確認したけど、

「これは赤ちゃんの問題だから、ママには何にも原因がないんだよ。
 死因も調べてみるけど、ほとんどの場合が原因不明なんだよ」  って。

そんな・・・ 責める理由があった方がよっぽどマシだよ。。。



妊娠したら、普通に生まれてくるって思ってた。

当たり前に生まれてくるって、思ってた。

当たり前なんて、ないんだね・・・



私、どこか軽視していたのかもしれません。妊娠を。

そして頼りないママに、息子は呆れたのかもしれません。

赤ちゃんは、ダンナサマそっくりの男の子でした。

こうして、『天使ママ』になりました。




あれから3カ月余りが過ぎ、私は心も体も元気です。

忘れられないけど、またゆっくり前を向いて歩いて行こうと思いまーす。





そして。

これを機に、9年ほど勤めた会社を辞めました。

そして、今年カド番の製図試験に備えることにしました。

試験も無事終わり、今は専業主婦になりました。

これから先の道を、ゆっくり、真剣に考えたいと思います。

長くなりますが。
[PR]
by mikarc | 2011-10-14 11:33 | ヒトリゴト

その日は突然やってきました。

4/11(月)

日曜が月曜に変わる夜中、AM12:30-


「おじいちゃん、もう心臓動いてないって…」

母から連絡がありました。



そのまま、おじいちゃんは亡くなりました。

入院から2日。あっという間でした。


土曜日に入院し、連絡をもらっていたのに、

月曜の仕事帰りにお見舞いに行こうと思い、病院に行かなかったこと、後悔しかありません。

「明日」はないんだよね…



新しい家が出来て、もう少し暖かくなったら、施設から家に外出させようと話していました。

秋には、ひ孫が産まれます。

すごく喜んでくれていたのに、会えずに旅立ってしまいました。



小さい頃は、保育園に送り迎えしてくれて、田んぼや畑にくっついて行った。

少し大きくなったら、喧嘩することもあったけど、それでもやっぱりいい思い出しかありません。

腰を痛めてから歩けなくなったけど、すごく元気だったから、

100歳まで元気かも!なんて、笑っていたのに、

その日は突然やってきました。



残念で仕方ないけど、元気で長生きしたおじいちゃん。

新しい家から送り出せただけでも、良かったのかもしれません。
[PR]
by mikarc | 2011-04-21 10:45 | ヒトリゴト

0311

あの時の、フワフワした揺れが、こんなに大きな事態になるなんて、
まったく想像していませんでした。

連日のニュースを見て、淋しさとせつなさと、悔しさと、、、

いろんな思いが入り混じり、込み上げてきます。


家があって、暖かい部屋があり、笑いあえる家族がいて、食事ができる。

当たり前の日常って、こんなに幸せなことなんだね。


自分に今できること。

ほんの小さなことでも、実行したいと思います。
[PR]
by mikarc | 2011-03-18 23:07 | ヒトリゴト

あけましておめでとうございます。

2011年になりました。

毎年のことながら、あわただしく年が過ぎ、それなのに十分休みを満喫しております。

大晦日から元日にかけて、延びに延びた母の退職祝いをしました。

「これまでにない幸せ!こんなことがあっていいのか、怖いくらい…」

と喜ぶ母を見て、いつまでも元気でいてほしいと、そう思いました。

今まで、一生懸命働き、私たちを育ててくれた母に、ほんの少し、恩返しができたでしょうか。


楽しいひと時は、あっという間に過ぎ、家に戻って夜ご飯の準備、準備…

あーーー、しまったーーー!

ご飯がない~っっ。

夕食の買い物に行って、ルンルンで帰ってきたのにさーーー!

お米の美味しさを長持ちさせるために、玄米でお米をもらっていて、
精米してくるの、忘れてたーーー。

急いでコイン精米機に向うも、思い当たる精米機はすべて正月休みだし…(悲)

ってか、コイン精米も休みあるんだね…


正月からコイン精米機を探し、夜9時近くまでウロウロした、あたし達って…

と、こんなハプニングで始まった2011年ですが、
今年も皆様、よろしくお願いいたします。

じっくり、しっかり、足腰を据えて、頑張りたいと思います。
[PR]
by mikarc | 2011-01-02 22:07 | ヒトリゴト

振り返る。

出張中に、ボスに余計なことを言ってしまって、かなり後悔した昨日。

反省反省。

モヤモヤ、イライラしてたここ数カ月。
気持ちが溢れて、壊れてしまいそうだった数日。

それでも、日常はすごいスピードで過ぎ去っていくんです。
残酷ですが。


今までの自分を振り返ってみると、色んな経験をしてきたんだ、と思った。
それを吐き出せているか、フルに活用できているか、少々不安になった。

それでも、ボスと話す中で、少し解決の糸口が見つかった気がしました。

「盗む、使うのではなく、自分に身に付いたコトは、自然と自分のものになり、
 それが自分を作りあげていく、そういうものじゃないか?」

と。

「色々な経験を糧として、センスを磨きなさい」

と。


なるほどです。



今まで書きためたこのブログを読み返し、旅行したことを振り返り、
仕事で出会った人々を思い返し、昔の記憶を掘り返してみました。

書、写真、テスト、旅行、仕事、友達、食べ物。

そして、今があるんだと、改めて思いました。


週末にはakkに教えてもらったチーズケーキを焼こう。
[PR]
by mikarc | 2010-12-02 19:05 | ヒトリゴト

インド旅行記-01

お待たせしました、インド旅行記。

インドとは、全く予想の付かない土地で、人の話や本を読んで情報を得れば得るほど、
とても不安になった。

いつもの海外旅行なら、日本食なんていらん! と、全く持って行こうともしなかったのに、
今回ばかりは、お腹を壊しては旅が楽しめない! と思い、
飲み物やら、お菓子、おかゆ、薬などを買い込んだ。

旅行の説明会に参加すると、さらりと見過ごした「持ち物リスト」には、
・蚊取り線香、虫よけスプレーなど
・懐中電灯

・・・? 泊まるホテルはすべて最高級ホテルだというのに、こんなの必要なの??
参加者全員、不安~・・・

でも、やはりあるに越したことはないらしく、
以前にインドに行ったことのある方は、やはり必要だ!と言う。

で、一体どんなところだ!? と、不安と期待を胸に、
初・成田空港からエア・インディアでインドへと向かいました。
c0041992_0512030.jpg

飛行機から空を見たら、翼に雲がまとわりついているようでした。
とてもとても、広く青い空に、感動しました。
c0041992_0513080.jpg

で、離陸後30分ほどで、ドリンクが出たんだけど、付いてきたお菓子?が辛い!
ちっちゃな豆らしいが、とにかく辛い!
でも、癖になる辛さとでも言うか、美味しかったです。 ヒリヒリしたけど。
c0041992_0514329.jpg

インドって、近いと思いきや、フライトの時間は日本から9時間半もかかるのだ。
時差は3時間なのにさ。
でも、帰りは7時間半らしい。
インドへの入国審査を受けるために、エスカレーターを降りた先は、こんな感じ。
でも、インドらしいというか、なんというか、ただただ驚きました。

インド到着後は、もうすでに夕方だったので、そのままレストランへ。
レストランに向かうバスの中で、ガイドさんから配られたミネラルウォーター。
c0041992_052231.jpg

むむ?? ん?? カサカサしてるんです、表面が。
ペットボトルの使いまわしですね。日本のリサイクルとはちょっと違いますがね。
水は溢れ出してるし、ホントに大丈夫かなぁ…

c0041992_0515698.jpg

夜ごはんを食べた中華レストラン。
c0041992_05292.jpg

夜のインドの屋台を発見。
とてもインドな雰囲気でした。

と、初日は移動で終わりました。

つづく。
[PR]
by mikarc | 2010-11-25 00:52 | ヒトリゴト

ちょっと前から好きなお菓子の話。

最近、というか、昨年からですかね。
お店を見つけたら、ついつい立ち寄って、あれこれ試食し、買ってしまうお菓子。
c0041992_1764312.jpg
これは、スイートポテト味の豆菓子です。
今日は、これをほおばりながら、仕事中です。

で、なんか癖になり、ついつい食べ過ぎるのがこれ。
c0041992_1656453.jpg
梅干味。

たーくさん種類があって、ぜーんぶ試食ができちゃいます。
豆吉本舗


こんなに種類が豊富です。

ぜひに。
[PR]
by mikarc | 2010-11-10 17:00 | ヒトリゴト

インド。

先週、インドに行ってきました。
予定パンパンのインド旅行。
お腹いっぱいに、いろんなものを見て、しこたまカレーを食べてきました。

やはり、コルビジェの建築は素晴らしかった!

インドという国は、まったく想像のつかない国でしたが、
なんとも言葉では表しにくい国です。

インド旅行記は、少しずつアップしていきたいと思います。

今週は、先週休んだしわ寄せを解消するべく、
ワシワシ頑張ります。

文化の日には、実家の建前!
[PR]
by mikarc | 2010-11-02 02:01 | ヒトリゴト


my design2


by mikarc

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Links

カテゴリ

ヒトリゴト
シュミ日記
フォト日記
ケンチク日記
キレイ日記
シカク日記
モノヅクリ日記
オヤスミ日記
シュフ日記
ママ日記

以前の記事

2011年 10月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧